読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新機能ListsによってTwitterはどう変わっていくか

Twitter

幸運にもListsのベータテストに選ばれた人たちによって、Listsの全貌が少しずつ明らかになってきました。そんなListsでTwitterがどう変わっていくか大胆予想してみたいと思います!

Listsの簡単なまとめ

ここを見るとだいたい分かります
Twitter のフォロワー数が重要ではなくなる日
まず自分のページの右側のfollowing、followerの横にListsに入れられてる数が表示されるようになるんだそうです。

こんな感じに。

そして他の人がつくったListをフォローできるようになります。すごいですね。

利点

  • どんなListに登録されているかが重要になるので、現在有名度の大きな基準となっている。フォロワー数の重要性は大きく下がります。つまり

Twitterで何もしなくてもフォロワーが増える!究極の裏技!
みたいなのをやってもあんまり意味がなくなり、工作が減ります。

  • クラスタをまとめやすくなります。例えば「八九寺真宵クラスタのリスト」をつくれば一発でまよいちゃん情報を共有できるようになりますし、「○○勉強会参加者リスト」をつくれば実況を追いやすくなります。たくさんの人を皆が一々フォローするのではなく、誰か一人がListをつくってくれれば、それ1つをフォローするだけでよくなります。すごく便利、というかこれがListの一番の目的でしょう。
  • まったく同一のTLを共有できる。1つのListに含まれている情報は誰がみても同じものになるようです。なので皆で1つのListを見るようにすればイベントやテレビの実況では掲示板のスレッドのような一体感を味わうことができます。ここまでならタグでもいいのですが、Listの場合参加者はListに登録されている人だけです。テレビの実況するけどListに登録しているのはリア友だけ、みたいに内輪ネタで盛り上がりやすくなります。あとタグかぶりの心配もないね
  • フォローしてない人の発言をふぁぼったり、RTしても怪しまれなくなります。RTが連鎖しすぎてるときに、「これはオリジナルの発言をRTし直した方がいいのかな。でも俺この人フォローしてったっけな」などと悩む必要がなくなります。

欠点

  • ListをフォローしてもListに含まれてる人をフォローしたことにはならないので、List経由の購読者が発生することによって、自分のつぶやきを何人が見てるかすぐには分からなくなってしまいます。すこし寂しいですね。
  • フォローされる数が減るのでモチベーションが下がります。勉強会の時などでフォローメールが何十通も来ると結構嬉しいものですが、それがあんまり来なくなります。悲しいです。

今までは「フォロー」というダイレクトな関係だったのが、「Listのフォロー」と一枚噛ますことができるようになるところがミソですね。自分は惜しくもベータテスターには選ばれていませんが、正式版楽しみにしてます!